1. デュタスを通販で購入する6つのポイントとそのしくみ   >  
  2. 3.AGAの原因について

3.AGAの原因について

ストレスのイメージ

様々な原因で起こりうるAGAの真相とは一体何のでしょうか。抜け毛や薄毛は、加齢とともに進行するイメージが強いかと思いますが。最近では20代の方も発症する症状となってしまいました。原因から垣間見える対策をチェックしましょう。

まず考えられるのが、血液循環不良の場合。髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長しています。血流が悪くなると成長が鈍り髪の毛は抜けやすくなります。また、男性ホルモンが悪さをする場合もあります。男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響で脱毛が起きることが知られています。男性型脱毛症(AGA)の方の脱毛部位にDHTが多く存在することが知られており遺伝的にDHTに感受性をもつ人に見られます。毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

ヘアサイクルの成長期は本来2〜6年ほどですが1年未満に短縮され軟毛化(毛の数は変らなくても髪の毛がきちんと成長せず細く短い毛になってしまった状態です。早い人では20歳代前半から薄毛・AGAが進行します。遺伝的な要因や血流の問題、ストレス、喫煙、食事、生活習慣などの影響もうけます。AGAの家族歴がある、頭皮が脂っぽい、毛が細く柔らかい、細くて短い毛が多いなど今後AGAの可能性が高い方で要注意です。脱毛箇所は生え際、頭頂部から起こることが多く、進行の仕方としては生え際から、頭頂部から、混合タイプと様々な進行パターンがあります。現在、様々なAGA・薄毛治療薬が登場しており複数の薬剤を組み合わせて治療を行うとより発毛効果を得ることができます。

AGAの原因やメカニズムから男性ホルモンを抑制すること、血流を改善することが重要です。それだけではなく頭皮ケアも重要で、頭皮を清潔にすること、髪の毛に必要な栄養分を摂取しAGA治療を行いましょう。